シルクなどの天然素材を手編みで編んでいます


ニットデザイナー 小須田逸子です。

自宅で小さな編み物教室をはじめて、20年以上の月日が流れました。

その間、パソコンを使うようになり、携帯電話を持つようになり、スマホでSNSをたしなむようになり、世界は激変してきました。私の暮らしにも、そんな変化を受け入れざるを得ず、毎日、何時間もスマホやパソコンにむかっています。

でも、根本は変わらない。1本の糸からできる無限の模様や形を追求している。それは、研究であり、アートであり、しかも実用品。

はじめは、ただいろいろな形になることが楽しかったけれど、いつしか仕事になっていた。締切があったり、制限があって苦しいこともあるけれど、完成した時の喜び、喜んでいただいた時の充実感は何物にもかえられません。

既成の糸を与えられ、その糸から最大のパフィーマンスを引き出すのが今までの仕事でした。でも、素材から見直す機会がり、これからは、自然の素材から、オリジナルの糸を作っていくことを決意しました。2016年、オリジナル元年です。

そのうち人工知能が人間の多くの仕事を奪うだろうといわれています。でも、編み物、クロッシェ、ニットをデザインすることは、人工知能にはできない仕事です。

これからも、天然の素材を意識して、大人が美しく着やすいニットを編み続けます!!

12801249_1051890331518721_7577508705196804150_n